街に、くつろぎを。

歩道、階段、水辺、公園。
街には、生活の中で誰もが当たり前のように
出入りする空間がいくつもあります。
風憩セコロは、街にあるその空間を
コミュニティの場所として考え、くつろぎの場となる
プロダクトを作っています。

街に、くつろぎを。

歩道、階段、水辺、公園。
街には、生活の中で誰もが当たり前のように
出入りする空間がいくつもあります。
風憩セコロは、街にあるその空間を
コミュニティの場所として考え、くつろぎの場となる
プロダクトを作っています。

街に、くつろぎを。

歩道、階段、水辺、公園。
街には、生活の中で誰もが当たり前のように
出入りする空間がいくつもあります。
風憩セコロは、街にあるその空間を
コミュニティの場所として考え、くつろぎの場となる
プロダクトを作っています。

街に、くつろぎを。

歩道、階段、水辺、公園。
街には、生活の中で誰もが当たり前のように
出入りする空間がいくつもあります。
風憩セコロは、街にあるその空間を
コミュニティの場所として考え、くつろぎの場となる
プロダクトを作っています。

製品をキーワードで探す

製品情報

更新情報

  1. お知らせ
  2. 納入事例
  3. 製品情報

最新の納入事例

井の頭恩賜公園 井の頭池ボートのりば
神代植物公園
富士公園
隅田川テラス連絡橋(竪川水門)
大横川(石島橋下流)
厚木中央公園

井の頭恩賜公園 井の頭池ボートのりば

特注カウンター

大正5年に、日本初の郊外公園として開園した都立井の頭恩賜公園には自然文化園や、アニメーション美術館、競技場や野外ステージなど様々な施設がありますが、42haの敷地の多くは井の頭池が占めています。
井の頭池で乗れるボートは人気スポットでもあり、休日には多くの人が訪れます。
令和5年6月から約7ヶ月の改修工事が行われていた井の頭池ボートのりばへ、チケット確認用の特注もぎりブースを納入しました。
ブースはボートのりばの入り口に設置されており、鉄製でメッキで仕上げています。
スタッフが出入りする扉付きで、再生木材セコロウッド製の腰掛けがセットされています。

神代植物公園

特注テーブル / ベンチ / 縁台

神代植物公園へ箱型ベンチ「ハコベン」のイージーオーダー品と、特注品のテーブルを納品しました。
ハコベンは浮遊感を出すため、風憩セコロオリジナル形材の「40H」で脚を製作し、中にはLEDライン照明を取り付けています。地面とベンチの間から光が漏れ、幻想的な雰囲気を作り出します。

肘掛けは幅を広く取ってサイドテーブルとしても使えます。
平滑で耐久性のある上品な特注品テーブルは特注品として製作されました。滑らかな質感が清潔感を演出し、くつろぎの空間を創り出しています。

富士公園

防災パーゴラ / サイン / ベンチ / AC電源付きソーラー照明灯

防災機能のついた2種類の製品と、サイン板、ベンチを納入しました。
防災製品は、非常用電源付ソーラー照明灯『ACソライト』や、防災パーゴラ『防災アルーバー』の2種類。どちらも現場に合わせたイージーオーダー品です。
『ACソライト』は太陽光パネルで発電した電力を、平時は照明灯に使い、いざという時にはコンセントから使用できます。

『防災アルーバー』はパーゴラと縁台のセット。災害時にテント幕をパーゴラにかけて個室を作れる仕様です。
防災製品の機能説明のサイン板や、園内案内板などのサインを特注で製作しました。広場の周りには、中央に肘掛けが2本ついた再生木材製ベンチ『バンコン コンフォルト』が設置されています。

隅田川テラス連絡橋(竪川水門)

LED照明付き転落防止柵

東京都が進める隅田川テラスの連続化事業、第三弾の竪川水門です。月島川水門、大島川水門の次の現場となります。
共用開始は2024年4月です。隅田川では堤防の耐震化に伴い魅力的な水辺空間の創出として、テラスやデッキなどが整備されています。水門の前に橋を架けてそこにスロープを設置し回遊性と利便性を向上させる事業です。
設置場所が河川沿いという事から軽量で防錆の強いアルミ製のスロープ使用し笠木にLEDを仕込んだ高欄・再生木材の床材・壁面パネル・進入防止柵・橋名板を収めることで景観にも配慮しています。

大横川(石島橋下流)

転落防止柵

東京都墨田区と江東区を流れる大横川は、江戸時代の埋立地に造られた川で北十間川から分岐し隅田川に合流します。
東京の下町を流れています。現場は、隅田川まで700mほどのところ。石島橋の下流にアルミ構造体のスロープを納入しました。スロープは再生木材のデッキ張りです。転落防止柵は手すり2段付きの再生木材+アルミ材の転落防止柵『ビスタ SWGT』を取り付けています。
こちらの場所は川の両岸に桜が植えられており「お江戸深川さくらまつり」のメイン会場になっています。さくらまつり前の竣工となり、来訪者の方に楽しんでいただけました。

厚木中央公園

座板ベンチ / サークルベンチ

厚木中央公園は厚木市役所の向かいに位置する都市公園です。多目的広場を含む4つの広場を有し、防災機能を備えている中心市街地の緑豊かなオープンスペースです。
この厚木中央公園へ再生木材ベンチ『バンコン 座板ベンチ』を2種類、再生木材製の特注ベンチの合計3種類のベンチを納入しました。『バンコン 座板ベンチ』は肘掛け付きのイージーオーダー品で、直線タイプとRタイプ。直線は44m程になるロングベンチです。
Rタイプは直径4.8mのものを1基大きな花壇を囲っています。どちらともコンクリート躯体にLEDライン照明を設置しています。
また、転落防止柵の笠木部材を使用した特注ベンチがRタイプを中心に2基設置されています。こちらもLEDライン照明付き、笠木の下に装着しています。

ピックアップ

東京都 北区
長崎県 大村市
東京都 港区
東京都 世田谷区
東京都 西東京市

東京都 北区

袖パネル 緊急 現場力

一昨日の祝日、孫と二人で飛鳥山公園に花見に行きました。コンビニで弁当買って都電に乗ってブラリ旅です。桜は7分咲きでしたが、沢山の人たちが花見を楽しんでました。この公園は、いつの間にかP-PFI事業で運営されているらしく「渋沢ハット」と呼ばれてました。数年前まではレトロ感のある静かな公園だったのでその変貌ぶりに驚きました。カフェには行列ができています。この写真は公園のリニューアルにともなって設置された、僕らの転落防止柵「ビスタ」です。張り出しデッキの端末支柱との隙間を塞ぐ為に、袖パネルを装着。小さな子供の転落を防いでいます。現場に設置した後に判明するこうした緊急なオーダーにもスピード感を持って対応する事が、僕らの現場力です。この姿勢はいつまでも変わりません。

長崎県 大村市

木漏れ日 アルーバー 海の中

昨年発売した木漏れ日アルーバーのイージーオーダー製品が設置されました。長崎新幹線の新大村駅前広場です。地面を海の中に見立ててサカナ達が沢山泳いでいます。レーザー加工し易いようにデフォルメしたシルエットをデザインする事が一番の難題です。それぞれのサカナ達の特長を数本の線で表現していきます。サカナの名前を当てて楽しんでいる親子の顔が目に浮かびます。

東京都 港区

セコロラップ 新品 継続

僕らの主要なマテリアルはアルミ形材です。その素材にアルマイトで着色したり、再生木材の表層を巻き付けたりしながら表情に変化をつけています。それらのラインナップの中で抜群の新品継続性能を発揮するのが、不燃のオレフィンシートを使ったセコロラップです。この写真は施工後7年目。セコロウッドもアルミ形材もそれなりに経年変化を感じますが。セコロラップだけはいつまでも若々しいままです。「Forever Young」Bob Dylanの素晴らしい曲を思い出しました。

東京都 世田谷区

袖壁 憩木 イージーオーダー

階段に袖壁が立ち上がり、そこに僕らのユニバーサル手すり「憩木」が設置されています。袖壁の厚みは100mm程度。支柱を埋め込むボイドの穴を明けるとコンクリートが欠けてしまう為、ベースプレート式の足下の納まりです。袖壁の高さ分だけ支柱を短くしたイージーオーダータイプです。点字シートを装着し、フレキシブル金具を使用して手すりをつなげてコーナーを納めています。

東京都 西東京市

ユーアール リニューアル アルーバー

URのリニューアル物件でウエルカムゲートを制作しました。スチールの構造支柱材をアルミプレートの柱巻き材で化粧して、ルーバー材はアルーバーで使用しているセコロウッドのハイブリッドタイプです。僕らの得意のイージーオーダー物件。独立電源ではないライトアップ照明器具を使用して、ゴージャスなエントランスを演出しています。住んでる人が家に帰るのが嬉しくなるリニューアルでした。

TOP